2018-02-18

|知識

勤務先から副業の許可をもらう方法

本業以外でのスキルや人間関係を広げたり、収入を増やしたりと、副業は様々な面で注目されています。この記事では、本業に支障が出にくい副業の選び方や、副業を始める前に勤務先への相談・申請を行う方法についてご紹介します。

副業の選び方

本業に支障が出にくいと考えられる副業選びのポイントは2つあります。

1つ目は、在宅ワークです。時間に融通が利くため、本業で突然残業になったとしても業務の調整が可能な場合が多いです。クラウドソーシングやオークション出品が主なものとなります。

2つ目は、終業後や休日のアルバイトです。終業後のアルバイトの注意点としては、副業の始業時間まで十分な時間を確保することです。接客や工場業務等幅広い選択肢がありますが、本業の関係者と鉢合わせするリスクを考慮し、職場から離れた場所をバイト先に設定すると安全でしょう。

なお、翌日の業務に支障が出ないように、必要な休息時間を確保することが大切です。

勤務先への相談

2018年1月に、厚生労働省のモデル就業規則が副業を容認する方向に切り替わりましたが、副業禁止のルールとしている企業も依然多いようです。とはいえ、副業の相談に応じてもらえる可能性はあるので、副業を断念する前に勤務先の上司や総務担当者に相談してみるとよいでしょう。

副業の許可をもらうには、効果的に副業の理由を説明することが大切になりますが、理由ごとに押さえておきたいポイントが2つあります。

まず、収入を増やしたい理由の場合は、自分のスキルアップの費用や子どもの教育費を確保したいと伝えると、将来に前向きであるという印象を与えることができます。一方、漠然と収入を増やしたいことを伝えると、現在の給与に不満があるマイナス印象を与える恐れがあるので注意が必要です。

もう1つは、他の企業での経験や人脈を現在の仕事に活用したいと伝えることです。働き方の多面性を取り入れ、知り合いと助け・助け合いながら業務を進めることは、本業において長期的なメリットにつながることでしょう。

副業を通じて、充実した生活を手に入れる

自分のやりたいことを副業にすることで、本業のリフレッシュにつながったり、自分の世界が広がったりというメリットが生まれます。自分の体調管理と共に、本業先・副業先両方の就業ルールを守り、充実した副業生活を送ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

手軽に副業できる種類の一つメルカリとは

知識

本業に妨げにならない範囲で働いて収入を得るのが副業ですが、その副業をする上で重視されるのは手軽に出来るかどうか...

会社にばれない副業について

知識

近年、副業を許可している企業も増えてきていますが、まだまだ副業を禁止にしている企業が圧倒的に多く、副業で稼ぐ事...

副業とは一味違う「複業」、どんなことが可能?

知識

昨今、様々な大手企業も副業を解禁し始め、サラリーマンの働き方が大きく変わろうとしてきています。その中で副業に加...

おすすめの副業アプリTOP5!

知識

何か副業を始めてお金を稼ぎたいと思っている方はいませんか?最近は副業をするのに便利なアプリがたくさん出ているの...

副業するなら読んでおきたい本とは?

知識

副業OKという企業が増えてきている昨今では、本業だけではなく複数の仕事を同時にこなしている人も珍しくはありませ...