2018-03-06

|知識

副業で発生する詐欺とその手口

近年は副業が注目されており、本業の仕事の片手間に他の仕事をしているという人が増えています。そうした副業をする人が増えていくのと同時に副業に関する詐欺被害も増えつつあり注意が必要です。今回はとくに被害の多かった詐欺の手口について紹介します。

詐欺被害の手口一覧

特に被害の多い手口を一覧にすると、内職斡旋詐欺、資格取得詐欺、情報商材詐欺が頻繁に登場します。

内職斡旋詐欺とは何かをつくる内職を斡旋し、それができたらを買い取るといいながら、難癖などをつけて買い取りをしない詐欺の手口です。内職開始時に材料費や登録料を支払わされることが多く、教材を売った後は業者がそのまま失踪という事例も多いので注意しましょう。

資格取得詐欺は行政書士や中小企業診断士など専門的な資格を持っていれば仕事を紹介すると宣伝し、資格取得のための高額な教材を購入させる詐欺のことです。教材を売ることが目的なので、実際に仕事を紹介されることほとんどありません。

情報商材詐欺とは副業や儲け話などを紹介し、それをおこなうのに必要という理由で高額な情報商材を購入させる手法のことです。大抵の場合は情報商材を買えるだけ買わせて仕事を斡旋しないのですが、中には本当に仕事を紹介するところもあります。ですがその場合もマージン料などで報酬を不当に安くしていることが多いです。

詐欺被害にあわないために

副業の詐欺被害辛味を守る手段として上がるのが「お金を先に支払う副業には手を出さない」ということです。

自分がほしいものを相手に作ってもらいたい場合は、作成するのにかかる費用を自分が負担する、というのは副業でも本業でも変わりありません。自分が作る側でその製作費用を負担しなければならないという話が出たら、大抵は詐欺話になるので疑てみることが大切です。

また上手い話がいきなりやってきた場合も注意しましょう。うまい話に裏ということは副業も同じです。なのでそうした怪しい仕事に乗るのではなくで、本業でやっている人がいるようなクリーンな仕事を副業に選ぶようにしましょう。

仕事の意味を考えることが大切

副業詐欺の手口は様々ですが、「仕事内容がよくわからない」「機材や抗議などで高額の費用を支払わされる」「仕事を斡旋するといいながら何もしない」という共通点があります。なので副業を探すときはこうした文句を使用していない仕事を選ぶようにしましょう。

関連記事

手軽に副業できる種類の一つメルカリとは

知識

本業に妨げにならない範囲で働いて収入を得るのが副業ですが、その副業をする上で重視されるのは手軽に出来るかどうか...

会社にばれない副業について

知識

近年、副業を許可している企業も増えてきていますが、まだまだ副業を禁止にしている企業が圧倒的に多く、副業で稼ぐ事...

副業とは一味違う「複業」、どんなことが可能?

知識

昨今、様々な大手企業も副業を解禁し始め、サラリーマンの働き方が大きく変わろうとしてきています。その中で副業に加...

おすすめの副業アプリTOP5!

知識

何か副業を始めてお金を稼ぎたいと思っている方はいませんか?最近は副業をするのに便利なアプリがたくさん出ているの...

副業するなら読んでおきたい本とは?

知識

副業OKという企業が増えてきている昨今では、本業だけではなく複数の仕事を同時にこなしている人も珍しくはありませ...