2018-06-16

|知識

会社にばれない副業について

近年、副業を許可している企業も増えてきていますが、まだまだ副業を禁止にしている企業が圧倒的に多く、副業で稼ぐ事が困難になっています。その中でも比較的に企業に副業を行っている事がバレにくい職種などを紹介します。

副業での給料が手渡しでの場合

副業でアルバイトやパートを行った際に給料が手渡しの場合、結論から言うと本業の会社にバレる可能性があります。バレる可能性が高い経緯としては手渡しの給料であっても、税金を支払う義務があるからです。

企業に属している場合、会社側がまとめて確定申告の手続きを行う事が一般的です。その為、本業での収入に加えて、他の収入がある事がバレてしまいます。しかし、副業が事業所得や雑所得の場合においては住民税を個人で納付するのであればバレにくい対策を行う事も可能です。

これらはあくまでも具体例の1つになりますが、その他にも本業の会社にバレずに稼ぐ事ができる副業もあります。会社にバレやすい副業とバレにくい副業もあり、バレにくいのはネットビジネスや投資そしてクラウドソーシングなどになります。特に在宅ワークに関してはバレる可能性がとても低い職種になります。

企業側が副業を認めている理由

大手企業に関しては副業を認めている事があります。しかし、現在のところ副業を禁止している企業の方が多いのも現実です。

では、なぜ大手企業は副業を公認にしているのか、具体的なパターンとしては「優秀な人材を確保」する為とも言われています。特に優秀な人材の場合、他の企業から本業の会社に通さずに個人向けにプロジェクトなどの誘いを受ける事もあります。

しかし副業が禁止されている場合、それらの仕事を棒に振る事になる為、副業が禁止なのであれば退職を考える事も少なからずあります。そういった優秀な人材を確保する為に副業を公認をしている企業もあります。

企業によっては副業をを推奨している事もあり、副業に対する企業側の考え方も変わってきています。そもそもなぜ、副業を禁止にしているのか。それは、副業の特に力を入れすぎてしまい、本業の会社での仕事の効率が悪くなる事を企業が恐れているからです。

しかし副業を禁止してしまいう事で、優秀な人材を失うリスクがあるのならば、副業を認める事で将来的に社員のスキルアップにも繋がるとされているからです。

バレない副業と考え方

基本的に副業は本業の収入をはるかに上回る事がなければバレル可能制が少なく、選ぶ職種によってはさらにバレるリスクを抑える事ができます。在宅ワークやネットビジネスなどの、企業に属さずに個人で稼ぐ方法が本業の会社にバレにくい職種になります。

関連記事

手軽に副業できる種類の一つメルカリとは

知識

本業に妨げにならない範囲で働いて収入を得るのが副業ですが、その副業をする上で重視されるのは手軽に出来るかどうか...

副業とは一味違う「複業」、どんなことが可能?

知識

昨今、様々な大手企業も副業を解禁し始め、サラリーマンの働き方が大きく変わろうとしてきています。その中で副業に加...

おすすめの副業アプリTOP5!

知識

何か副業を始めてお金を稼ぎたいと思っている方はいませんか?最近は副業をするのに便利なアプリがたくさん出ているの...

副業するなら読んでおきたい本とは?

知識

副業OKという企業が増えてきている昨今では、本業だけではなく複数の仕事を同時にこなしている人も珍しくはありませ...

副業で日雇いを始めるなら、メリットと注意点を知っておこう

知識

副業を始めたい人にとって良い方法が日雇いで働くことです。 副業に興味を持っている人の中には、日雇いに対して良い...