2018-01-02

|知識

副業、兼業、復業それぞれ何が違うの?

給料だけでは生活で手一杯!もう少しゆとりのある生活をしたい!と思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

生活にゆとりを持たせるための方法として挙げられるのが、副業。今回は、副業を考えている方に向けて、『副業』『兼業』『復業』の違いについてお話しします。

副業とは

副業とは、収入を得るため(増やすため)に本業とは別に行う仕事のことをいいます。場合によっては兼業やサイドビジネスとも呼ぶことも。副業は、働き方によって、アルバイトや派遣、在宅ワーク、内職などに分類されます。また、収入の形態によって、給料収入、事業収入、雑収入に分類されることもあります。

兼業と副業は、一緒の意味なんだ!と思った方。実は、兼業と副業には少し違う意味があるんです。

兼業とは
兼業とは、本業のほかに事業や仕事を同時に行うことをいいます。副業と違う点は、労力が偏っているか偏っていないかということです。副業は、本業をメインに力を入れ、本業よりも低い労力で行う仕事のことをいいます。兼業は、本業ももう1つの仕事も同じ労力で行う仕事のことをいいます。例としてあげるなら、専業主婦+農業だと、どちらも大変忙しく手は抜けないですよね。そういった場合が、兼業となります。専業主婦+アンケートモニター となると、家事の合間にちょこっとお小遣いを稼ぐようなものなので副業となります。

副業の意味と兼業の意味の違いは、お分かりいただけたでしょうか。

復業とは
復業とは一度やめた仕事に戻ることをいいます。これは知っている方が多いかも知れません。仕事をしていると、子供を産んだり育児をしたり、親の介護やいろいろな理由で休みを取ったり、仕事をやめたりすることがあると思います。そして、そういった育児、介護が終わりまた同じ仕事に戻ったりするときに使用します。

似たような言葉やほぼ同じように使われている言葉でも使い方が異なるため、ご自分の働きたいスタイルによって言葉を使い分けていただけるといいと思います。

「副業、兼業、復業の違い」まとめ

最初は、みなさん「ちょっとお小遣いがほしい」と副業を始められると思いますが、副業として働いていても、本業がおろそかになり影響が出るようであれば、それはもう副業とはいいません。

ほとんどの会社で、副業禁止!という会社のルールがあると思いますが、本業に悪い影響が出たり、会社のイメージに合わない仕事をしたりという理由で禁止されていることが多いみたいです。

兼業しない限り、本業は本業、副業は副業と自分で時間を分け取り組むようにしてください。

関連記事

手軽に副業できる種類の一つメルカリとは

知識

本業に妨げにならない範囲で働いて収入を得るのが副業ですが、その副業をする上で重視されるのは手軽に出来るかどうか...

会社にばれない副業について

知識

近年、副業を許可している企業も増えてきていますが、まだまだ副業を禁止にしている企業が圧倒的に多く、副業で稼ぐ事...

副業とは一味違う「複業」、どんなことが可能?

知識

昨今、様々な大手企業も副業を解禁し始め、サラリーマンの働き方が大きく変わろうとしてきています。その中で副業に加...

おすすめの副業アプリTOP5!

知識

何か副業を始めてお金を稼ぎたいと思っている方はいませんか?最近は副業をするのに便利なアプリがたくさん出ているの...

副業するなら読んでおきたい本とは?

知識

副業OKという企業が増えてきている昨今では、本業だけではなく複数の仕事を同時にこなしている人も珍しくはありませ...