2018-01-22

|知識

副業を解禁する企業が増えている!そのメリットとデメリットは?

以前の日本では、本来の仕事以外に別の仕事を持つこと、つまり「副業」を禁止する企業がほとんどでした。しかし、最近はIT企業を中心に、副業を解禁する企業が増えているのです。特に2017年の2月には、長い歴史を持つ大手のロート製薬までもが副業を解禁したことが話題になりました。

現在、副業がなぜ解禁されつつあるのか、そのメリットとデメリットから考えてみましょう。

メリット

まず副業を解禁するメリットは、副業を通して他の業種や会社を知ることで、新しい人脈ができたり、今まで気づかなかった良い方法を発見できたりすることです。

海外の企業との競争が激しい現代では、企業が生き残るためには、広い視野や自由な発想が大事です。そのため、副業が社員の新しい能力を開花させ、本業にもプラスに働くと思われています。

さらに、優秀な社員が辞めるのを防げるというメリットもあります。副業をして成果を上げるというのは、かなり優秀な社員でしょう。そういう社員を、副業を解禁している他企業に転職させないためには、自社も副業を解禁するのが早道です。逆に、副業を認めることで、他社から能力のある社員が入ってくる可能性も増えます。

つまり副業解禁は、社員のスキルアップ、会社の業績アップの手段と見なされているのです。また、以前のように終身雇用制が当然であった時代は、自社だけに忠誠を尽くす社員が必要でしたが、現在では、社員を定年まで雇い、高い給料を払い続けることは困難な会社も増えています。

現実的な話として、社員を副業禁止で縛ることは不合理になってきました。

デメリット

しかし、副業解禁のデメリットもあります。副業に手を出すと、本業に向ける時間やエネルギーが減っていまうことです。このデメリットを解決するためには、あくまでも本業を優先し、空いた時間に副業を行わなければなりません。また、会社の秘密情報を漏してしまう危険性もあります。

何気なく本業の会社の話をしたら、秘密に関わる内容を含んでいたというようなことも起こり得ます。副業先では本業の会社の話は絶対にしない、という強い決意が必要になるでしょう。

「副業解禁のメリット・デメリット」まとめ

現在は、インターネットの発達で、自宅でも気軽にできる副業が増えていますから、将来のために何か副業を始めたい人も多くなっていると思われます。その場合、まず自社の就業規則で、副業が解禁されているかどうかを確かめる必要があります。

副業が許されているなら、本業に支障のない範囲で行うこと、そして本業の情報をむやみに漏洩しないこと、という2点に注意して始めましょう。

関連記事

手軽に副業できる種類の一つメルカリとは

知識

本業に妨げにならない範囲で働いて収入を得るのが副業ですが、その副業をする上で重視されるのは手軽に出来るかどうか...

会社にばれない副業について

知識

近年、副業を許可している企業も増えてきていますが、まだまだ副業を禁止にしている企業が圧倒的に多く、副業で稼ぐ事...

副業とは一味違う「複業」、どんなことが可能?

知識

昨今、様々な大手企業も副業を解禁し始め、サラリーマンの働き方が大きく変わろうとしてきています。その中で副業に加...

おすすめの副業アプリTOP5!

知識

何か副業を始めてお金を稼ぎたいと思っている方はいませんか?最近は副業をするのに便利なアプリがたくさん出ているの...

副業するなら読んでおきたい本とは?

知識

副業OKという企業が増えてきている昨今では、本業だけではなく複数の仕事を同時にこなしている人も珍しくはありませ...