2018-07-08

|法律

マイナンバーで副業をしていることがバレる?

副業を始めたいけれど、なかなか勇気を持てない方は多いです。その理由として、マイナンバーが原因で副業がバレるのではないかと、不安に感じていることが挙げられています。副業がバレないようにしたいなら、あらかじめ対策を練っておきましょう。

副業に興味を持つ方が増えている

平日の夜間や週末などを利用して、副業を行うことに興味を持つ方が増えています。その理由は、空いた時間に収入を得ることができるから。お金を稼ぎたいなら、要チェックです。

けれど、副業をしていることがバレたらどうしようと、不安に感じる方もいます。特に、マイナンバーが原因で副業がバレるのではないかと心配するケースが見受けられます。そのような場合には、あらかじめ対策を練っておきましょう。

副業がバレる理由として、確定申告が挙げられています。一定以上の収入を得たら、税務署に確定申告をしなければいけません。会社で得た収入と合わせて納税の金額が決まりますので、本業の会社に知られる可能性はあります。

マイナンバーの有無に関わらず、確定申告をすることによって副業がバレやすくなります。

おすすめしたい対策について

副業がバレないようにしたいなら、あらかじめ対策を練っておくことがポイントです。まずは、確定申告について詳しく知ることが大切です。

副業を確定申告するのは、ある一定以上の収入がある方が対象となるからです。特に、ブログの広告収入などの副業は、雜所得になりますので気をつけましょう。雜所得の場合、年間の収入が20万円以下ならば、確定申告をする必要はありません。

また、もしも20万円を越えたとしても、文具や資料などを購入したなら、経費として認められます。収入から経費を差し引いた金額が20万円以下の場合には、確定申告が不要になりますので、領収書は必ず保管しておきましょう。

尚、確定申告を行いたいけれど、書類の書き方などが分からないなら、専門の税理士に相談する方法がおすすめです。経費の内訳なども詳しく教えてもらえますから、節税対策にもなります。

とても重要な情報収集

本業の職場にバレないように副業を始めたいなら、情報収集を念入りに行うことが決め手です。特に、確定申告の対策を行うことが秘訣です。副業の収入や経費によって納税額が変わりますので、十分に気をつけましょう。

関連記事

サラリーマンの副業が禁止された理由は?

法律

サラリーマンや公務員の中には様々な副業をして稼いでいる人もいるのですが、中には就業規則などで副業が禁止されてい...

副業をする上で注意すべき法律問題

法律

時代の移り変わりの中で、本業以外の収入を得るため空いた時間を有効利用する形で副業を行う人が増加傾向にあります。...

副業にあたる・あたらないの定義って一体?

法律

副業とは本業以外に収入を得るための仕事ですが、企業の中には副業を禁止しているところが大半です。 しかし本や雑誌...

正社員でも副業できるのか最初に確認!

法律

収入を増やしたいと思った時に、真っ先にひらめくのが副業でしょう。しかし、副業は誰でもできるというわけではなく、...

副業容認の方向に変わる就業規則

法律

従業員の副業を禁止する企業が多いとされていた中、2018年1月に厚生労働省から公表されたモデル就業規則で、副業...