2018-07-06

|スキル

副業で翻訳をするとどれくらい稼ぐことができる?

インターネットの普及により、在宅でできる副業が増えています。その中でも、自分の英語力を生かした翻訳の仕事の収入相場はいったいどれくらいになるのでしょうか?また、必要なスキルレベルも気になるところです。

翻訳の収入相場はどれくらい?

在宅で翻訳をする場合、一般的な報酬体系は案件ごとに○○円、ワードごとに○○円と言ったものです。

ほとんどは後者の報酬体系が取られていますが、ワードごとの相場はというと1ワードあたり21円~30円と言うのが日本翻訳連盟が出している翻訳料金の目安になります。翻訳対象の種類や日→英、もしくは英→日への翻訳かで単価が変わってきます。

在宅翻訳者の収入相場はといえば、年収200万~300万円が40%、300万円~500万円が30%、500万円以上が30%となり、副業にしては割と高収入と言えるでしょう。

どれくらいのスキルレベルが必要?

翻訳を副業にした場合の収入は、副業として人気のライティングに比べれば高めですが、十分な稼ぎを得るためには一定レベル以上のスキルレベルが必要になります。また、通常未経験者OKの案件では報酬単価が低く設定されています。

しかし実績作りのためにはこういった低報酬の案件をこなしていく他ありません。実績が積み重なれば他のクライアントの目に留まり、直接仕事の依頼を受けることもできます。

さらに収入を得るためには翻訳会社のトライアルを受けることをおすすめします。探せばWEB上だけで完結する翻訳会社はいくらでもあります。翻訳会社のトライアルに合格し、翻訳会社の仕事をこなすことで実績を積むことも可能です。

案件をこなしたり、翻訳会社の仕事をこなすことでおのずと語学力やスキルレベルは上がっていきます。しかし注意が必要なのが、単価報酬の低い案件ばかり行ってしまうということです。単価報酬の低い案件は、ワーカーに対して求める質やレベルが低い場合が多く、自信の評価や成長に繋がらない場合が多いのが現実。

ワーカーとして必要なスキルレベルを成長させるにはクライアントとの相性も大切となり、きちんと自分の評価を行ってくれるクライアントに出会えるよう、少しずつ単価を意識した仕事探しも重要になります。

収入相場に追いつくためには必要なスキルレベルを上げよう

当たり前ですが、収入相場が高ければ高くなるほど必要なスキルレベルも高くなります。初めからスキルレベルが高い人はいないと言っても過言ではありません。500万円以上稼いでいる人も、最初はスキルレベルも収入も低かったのです。コツコツと実績を積み重ねることが収入とスキルを鍛える上で大切です。

関連記事

副業なら、記事作成を請け負うライターがおすすめ!

スキル

本業だけの収入では生活が大変な人たちは多いことでしょう。そこで副業をはじめようかと思う方もいると思います。そん...

メルカリ転売の副業で稼ぐ方法

スキル

メルカリは、主に不用品を販売したり、購入したりすることができるアプリです。このメルカリを上手に活用して稼ぐこと...

副業で稼ぎたいならせどりがおすすめ!その理由は?

スキル

今している仕事では、ちょっと給料が物足りないってことありますよね。そんな時に、副業を考える人も多いのではないで...

写真を撮って販売できる副業とは?

スキル

空いた時間で稼ぐ方法にはどのような方法があるのでしょうか。写真を撮ることが趣味でそれを販売して稼ぐことができれ...

意外と多い?ITエンジニアの副業

スキル

近年、世間から大きく注目されているのが副業。その中には多くの人がおこなえる仕事があれば、IT技術者など特定の技...