2018-02-04

|税金

副業やアルバイトで得られた収入は確定申告が必要なのか

本業のほかにも副業やアルバイトをしてお小遣い稼ぎをしたり、生活費の足しにしているという人は少なくありません。ただ副業やアルバイトの収入によっては、確定申告をしなければいけないという注意点もあるのです。

そこで今回は、副業やアルバイトで得た収入はいくらから確定申告が必要となるのか解説します。

いくらから確定申告が必要なのか

副業やアルバイトで得られた収入は所得税法によって何らかの所得に該当しているため、一定の金額を超えた所得がある場合は確定申告が必要だと言われています。

副業の場合は種類によって異なるのですが、アルバイト以外の副業であれば20万円以上の所得がある場合は確定申告が必要です。特にFXや株取引の場合は確定申告をしておいた方がメリットもあるので、20万円以下の所得であっても確定申告をしておいた方がいいと考えられています。

またアルバイトの場合はどのような職業であっても、その収入は給与所得として取り扱われています。このため本業と併せて給与所得として換算されるので、アルバイトの所得が20万円以下であっても確定申告が必要なのです。

このようにいくらから確定申告が必要なのかという点については、副業とアルバイトで異なっています。基本的に副業は20万円以上、そしてアルバイトの場合は収入に関係なく確定申告が必要だと考えることが大切です。

確定申告をする場合の注意点

このように副業やアルバイトでも確定申告が必要な場合があるのですが、注意点もいくつかあります。

例えば確定申告が必要かどうかを判断する基準は、副業やアルバイトで得ている収入ではなくその所得が重要なポイントとなっています。このため収入として20万円以上得ているから確定申告が必要だというわけではなく、あくまでそれぞれの所得が20万円を超えているかどうかが確定申告をするべきかどうかの線引きです。

またいくらから確定申告が必要だという金額にばかり気を取られてしまうと、確定申告によって得られるメリットを利用できなくなる可能性があります。このため所得に関係なく、副業やアルバイトをしている人は確定申告を検討しておくことが大切だと言われているのです。

副業やアルバイトをしている人は確定申告をするのがおすすめ

副業やアルバイトで得た収入にはすべて所得がかかっているため、一定金額を超えている場合や本業をしている場合は確定申告が必要です。

ただ確定申告をしておけば控除が受けられるなどのメリットがあるので、副業やアルバイトをしている人であれば確定申告をしておいた方がお得となっています。

関連記事

副業による住民税の決まり方・払い方

税金

副業をしている人は、毎年の確定申告で年間の総収入を申告し、所得税の過不足を精算することになっています。その後、...

副業先での源泉徴収について

税金

副業先の給与が少ない場合でも、本業の職場より高額な所得税が天引きされるケースが意外と多いようです。この記事では...

副業における確定申告で会社にばれない方法

税金

本業の収入だけでは心許無いなどの理由から副業を行う人も増えてきていますが、もし自身の会社が副業を禁止している場...

副業がバレる要因を知る必要性

税金

副業をする時はバレるケースがどのようなものか知るとバレない方法が分かり、勤務先に発覚することを防ぐのに役立ちま...

副業で発生した税金の支払い方

税金

副業で安定して稼げるようになると、心配になってくるのは所得税や住民税など税金のことではないでしょうか。ここでは...