2018-06-14

|税金

副業がバレる要因を知る必要性

副業をする時はバレるケースがどのようなものか知るとバレない方法が分かり、勤務先に発覚することを防ぐのに役立ちます。副収入を稼ぐ方法は人それぞれですが、安心してできるようにするためには何を把握すれば良いか確かめましょう。

勤務先に内緒でお金を稼ぎたい

月々の収入で生活費が足りない場合は副業をすると金銭的に余裕を持て、借金などをせずに済むために安心できます。しかし、勤務先で副業が禁止されていることもあり、発覚するとそれ相応の処分を受けるためバレないようにしたいものです。

勤務先に内緒でお金を稼ぎたい理由は副業が禁止されているためで、バレるケースの具体例を知ると対処方法を考えることができます。バレやすいタイミングは税額が決まり、収入よりも多い割合で計算されていることを勤務先の経理担当者が発見するケースが多いです。

法定調書は会社側が社員や従業員などに支払った報酬や給与の金額を国や市町村に報告ために作成され、個人の収入を確定させて税額を決定します。

このように、副業をして何もしないと勤務先に発覚しないと考えがちですが、仕組みを知らないといつの間にか発覚して呼び出されることもあります。勤務先に発覚することを防ぐためにはバレない方法を把握し、今後の人生や生活に影響を及ぼさないようにすることが大事です。

確定申告をして安心して副業ができる状況にする

副業がバレない方法は確定申告をすると対応でき、税金を普通徴収にすると報酬に応じて決定され納付書で支払えます。

基本的に副業をして本業とは別に収入があれば普通徴収にしないと合算して給料から天引きされ、経理担当者がチェックする際に発覚することが多いです。

確定申告は決められた時期に行いますが、副業で20万円以上の収入がなければする必要がないため間違えないようにすることが大事です。バレるケースは確定申告をしても普通徴収にしなかった時や何もせずに放置する場合があり、副業が禁止されていると発覚すると違反になるため退職を命じられることもあります。

バレない方法は確定申告をすると確実性があるかといえばそうではない場合もあり、市町村によっては普通徴収が認められていないこともあります。副業はメルカリやヤフオクなどで売る場合には対象外ですが、せどりは商材を見つけて売る行為に当たり該当するため注意が必要です。

副業がバレないようにするためにはどうすればいいか?

勤務先で副業が禁止されている時はバレるケースを把握し、安心して稼ぐ方法を探さないと今後の人生に影響を及ぼします。バレない方法は確定申告をすると対処できますが、普通徴収にするなど流れや条件を確かめることが大事です。

関連記事

副業による住民税の決まり方・払い方

税金

副業をしている人は、毎年の確定申告で年間の総収入を申告し、所得税の過不足を精算することになっています。その後、...

副業先での源泉徴収について

税金

副業先の給与が少ない場合でも、本業の職場より高額な所得税が天引きされるケースが意外と多いようです。この記事では...

副業における確定申告で会社にばれない方法

税金

本業の収入だけでは心許無いなどの理由から副業を行う人も増えてきていますが、もし自身の会社が副業を禁止している場...

副業で発生した税金の支払い方

税金

副業で安定して稼げるようになると、心配になってくるのは所得税や住民税など税金のことではないでしょうか。ここでは...

副業をする際には気を付けたい!確定申告のポイント

税金

確定申告は年間の収入を確定させ、住民税や所得税といった税金をきちんと決定し納めるために欠かせない大切な制度です...